結婚式で縁起の悪いとされている忌み言葉(NGワード)とは?

結婚式のスピーチや招待状、プロフィールムービー、感謝のメッセージなどで使用すると縁起が悪いとされる言葉や漢字、言い回しは忌み言葉と呼ばれています。最近の若い世代の方は忌み言葉をそれほど気にしませんが、年配の方が多く参加する結婚式の披露宴ではなるべく忌み言葉を避けたほうが無難です。他にも忌み言葉とはちょっと異なりますが、『、』や『。』などの句読点(くとうてん)も縁起が悪いとされているので、結婚式や祝い事で使用する文章には極力使用しないようにしましょう。

結婚式のプロフィールムービーやエンドロールでも、写真の字幕コメントやメッセージに忌み言葉が含まれていないかお客様自身で調べていただけるよう、自動で忌み言葉をチェックするプログラムを公開しております。プロフィールムービーだけでなく、結婚式の司会やスピーチの文章のチェックも可能ですので、忌み言葉が含まれていないか不安な方は一度参考までに文章やスピーチ原稿をチェックしてみてください。

縁起の悪い忌み言葉(タブー)自動チェックツール

以下の文章記入欄に調べたい単語や文章を入力後、『文章チェック開始』ボタンを押すと、自動的に内容を解析して問題部分を赤く表示します。

文章記入欄

※このチェックプログラムは、すべての忌み言葉を完全に網羅しているわけではありません。また、チェックに引っかかった忌み言葉を絶対に使用してはいけないわけでもありません。チェック結果の内容と以下の忌み言葉の解説を参考に最後はご自身で判断してください。

仲間と手作りしたサプライズムービーを余興で上映してみませんか?

結婚式で縁起が悪いとされている言葉のポイント

  • 夫婦の別離を連想させる言葉
  • 再婚を連想させる言葉
  • 不幸、不吉、死を連想させる言葉
  • 同じことを繰り返す重ね言葉

夫婦の別離を連想させる言葉

別れる、切る、切れる、離れる、離婚、離縁、帰る、帰す、終わる、終える、破れる、破る、割る、割れる、去る、飽きる、捨てる、冷える、冷める、忙しい、壊れる、壊す、消える、消す、降りる、枯れる、嫌う、嫌い、薄い、疎遠、疎んじる、浅い、憂い、おしまい、返す、ほどける、裂ける、放す

【悪い例】勉強が嫌いでした

【良い例】勉強が好きではありませんでした

再婚を連想させる言葉

戻る、戻す、繰り返す、繰り返し、再び、再度、再婚、再三、二度、二回

【悪い例】繰り返しとなりますが

【良い例】先ほど申し上げましたが

不幸、不吉、死を連想させる言葉

別れる、切る、切れる、離れる、離婚、離縁、終わる、終える、破れる、破る、割る、割れる、去る、痛い、痛み、飽きる、捨てる、負ける、病む、病気、冷える、冷める、倒れる、倒産、忙しい、流れる、流す、壊れる、壊す、消える、消す、降りる、滅ぶ、滅びる、枯れる、死ぬ、亡くなる、四、4、九、9、焦る、敗れる、憂い、散る、悲しむ、無し、無くす、おしまい、醤油、塩、シクラメン、シネマ、ほどける、とんだこと、とんでもない、ご生存中、生きている頃、しめやかに、仏、葬式、褪せる、衰える、更に、さらに、僧、すり鉢、短い、逝く、涙、梨、猿、すり箱、スルメ、忌み、悪い、相次いで、相次ぎ

【悪い例】今日はお忙しいところありがとうございました

【良い例】今日はご多用のところありがとうございました

同じことを繰り返す重ね言葉

度々、くれぐれも、皆々様、かえすがえす、重々、いろいろ、またまた、なおまた、しばしば、次々、わざわざ、再三再四、たまたま、重ね重ね、いよいよ、再々

【悪い例】いろいろな思い出をありがとう

【良い例】たくさんの思い出をありがとう

※益々、どんどん、だんだん、みるみる、いよいよ、日々、ときどき、などの縁起の悪い意味合いの薄い重ね言葉は、それほど気にする必要がないようです。

その他の結婚式で使用を控えたほうが良い言葉

やばい、ぶっちゃけ、キモい、ウザい、チクる、頼りない、頑固、下ネタ関連用語

【悪い例】普段は頼りないように見えますが

【良い例】普段はおとなしく見えますが

句読点(くとうてん)

結婚式で招待状やウェルカムボードの文章、プロフィールビデオの字幕、エンドロールのメッセージなどの文章中に『、』や『。』を使用するのは縁起が悪いと言われています。文章を読みやすくするために句読点を使用したくなると思いますが、結婚式などの祝い事では、”切れる”、”終わる”という意味合いをもつため使用を極力避けるのが通常です。ただし、句読点が無いと文章が読みづらくなるため、代わりに『 』(スペース)などを使用して文章の区切りを工夫する必要があります。

【悪い例】本日は、お越しいただきありがとうございました。

【良い例】本日は お越しいただきありがとうございました

※チェックツールでは句読点があると忌み言葉と同様に赤く表示されますが、これはあくまで他人に見られる文章という前提で処理しているものなので、スピーチの原稿などの場合には無視しても問題ありません。